読者に届くブログ

 ぜひ読んでください。ブログは元々、誰でも気軽に自分の思う事がネット上で公開できる事を目的として開発されたのです。ですが、構成は基本的にHTML言語(HyperTextMarkupLanguage)とCSS(CascadingStyleSheets)が組み合わされていて、それらを元にブロガー(書き込む人)の文章がネット上で公開できる仕組みになっています。

 つまりネット上で自分の考えを公開するのに、必要な知識はまったくありません。ですが、私は自分のブログでアフィリエイト広告を載せ、小遣い程度の収入を得たいのです。それはあなたも同じ意見でしょう? そうなると読者に対して有効な広告方法を考える必要が有りませんか?

 言い換えれば、読者が「これって面白そう」とか「ちょっと買ってみようかな」と思わせるようなデザインに仕上げる必要がありますね。ですので私は必ずアフィリエイトする商品は画像とテキストの両方をバランスよく配置するように心がけています、例えば右上に有る画像はできるホームページHTML入門Windows対応という本です。

 この本に対するテキスト分がこの部分↑に成っているのです。また、記載している商品がクリックされる確立は画像よりもテキストの方が高い。これはあなたがブログなどを読むときを考えてください。興味があるページに進むときは、ほぼ文章(テキスト)の部分をクリックしますね。

フレンドリーサイトの紹介

 フレンドリーサイトの紹介…サイト全体を左寄せにするか? それとも中央寄せにするか? 右寄せと言うデザインはありません。また画面いっぱいに広げる方法もありますが、推奨いたしません。左寄せの具体的例はミクシィです。中央寄せの具体例はヤフーです。

サイトのコンテンツが左寄せ

 両者を比較すればサイトのコンテンツが左寄せの意味と中央寄せの意味がわかると思います。どちらのほうがお好みでしょうか? 次にサイトには3カラム方式と2カラム方式、特異ですが1カラムと言うデザインもあります。簡単に言えばサイト内のコンテンツが何列に並んでいるか? と言う点です。

 3カラム方式の具体例はヤフーです。2カラム方式の具体例は私のサイトですがです。ヤフーはコンテンツが3列に並んでいて私のサイトはコンテンツが2列に並んでいます。ちなみに1カラムは誰も知らないさんのサイトのようにコンテンツが下に向かってのびている状態を指します……必要な知識とはに続く。

ギフト