SEOって何-基本的解説

 SEOって何-基本的解説について、まず先に、これらの疑問を解決する為に『アクセス解析』を導入しましょう。ネットでアクセス解析と検索すれば様々なものが見つかりますが、多くの場合有料なので出来れば無料のものを探される事をお勧めします。私が使っているアクセス解析を紹介しましょう。

 まずは下記アドレスをクリックしてください。開いたらすぐに左上に注目してください。灰色のバナーらしき画像(5ミリ×30ミリ程度の大きさ)が見えますので、それをクリックしてください。表示される時間はおおよそ10秒程度ですので注意してください。

 そのサイトが気に入れば使ってみてください。無料ですがかなり細かいアクセス状況まで解析をしてくれます。アクセス解析の導入が済めばまたメールください。アクセス状況などのデーターを読みました。想像よりは少々少なめでしたが、ほぼ想定内の状況にあるように感じます。

被リンクを増やす

 ただ、作業(今の段階で言えば被リンクを増やす)を中断すると、順位が下がりますので安定するまでは被リンクを増やすよう気をつけられたほうが良いと思います。今後の作業内容ですが、ある程度アクセスが見込める状況になりましたので後は値段の高い、ねじれた絵さんがお考えください。

 検索エンジン最適化についての無料情報サイトや検索エンジン最適化についての説明、あるいはイーサーチ検索エンジン最適化についての具体的な方法や各種ツール、サービスの提供検索エンジン最適化についての説明です。これである程度診断やコンサルティングなどに理解は得られたでしょうが、詳細は検索エンジン上位=SEOをご覧になられることをお勧めします。

私のやり方を押し付ける

 いつまでも私のやり方を押し付けるわけにも行きませんから。もちろん相談ごとが有れば応じますが、多くの人はこの段階あたりからは自分で考えて実践されているようです。話は変わって私のサイト、ヤフーから飛びました。先日のYSTアップデートの影響です。

 現状で言えばグーグルからのアクセスのみですので、簡単に言えば半分に落ち込んでいます。対策をはじめたいのですが今度は私の引越しが迫っていて、さらには明日は明日のの調子が悪い。そんな訳で着手できておりません。このままやふー対策はやらないかもしれません。その代わりに新しいサイトを頑張る方が着実に稼げるような計算が成り立っています。それではまた、気が向けばメールなどで交流を続けましょう。

 検索エンジン最適化に関する情報やガイド無料検索エンジン最適化については、便利に使えるツールで計測し確認されることをお勧めします。また、アクセス解析と共存できる検索エンジンランキングチェッカーやキーワード出現率チェッカー及びサイトマップメーカー等、検索エンジン最適化について様々な面から推測できますので、検索順位アップに役立つ便利なツール集と記事を用意していますのでご覧ください。

 ワンポイント注意…アクセス解析は覗いていますか? 最初の内は10人以下でも楽しいでしょうがすぐに飽きてきて20人は来てくれないかな? なんて思うようになりそのうち100人が目標になります。

 100人来るようになると、100人来るのが普通になり、200人が目標になります。さて本題です、今回は見出しタグ↓を入れてみましょう。○○には任意の数値を入れます。おおよそ12から18ぐらい(半角だよ)がお勧めです。入れる場所はアクセスタグのすぐ後になります。

ギフト