時代遅れのブログちゃん

 時代遅れのブログちゃん……そんなことを感じるからネットの仕事に強い興味を抱けない訳で、地道に続ければ、利益も増えるだろうし、そうなると消費税とか、厚生年金とかは小さな問題に過ぎないし。やはり収益があれば…と言う前提が大事だと思う。その為にはネットの仕事を続ければよいのだが、そこに「寂しい」という違う意味での問題が。

 だから一旦、元の姿に戻り、一から出直そうと考えているわけですよ。その為に色々と理由を付けてはサラリーマンに戻ろうと。だけど、現実の社会をみると、様々な問題が起こっている訳で。そんなのを見ると元のサラリーマンには戻りたくない、と言う気持ちがあることも確かです。要するに…という訳で時代に取り残されたブログ紹介です。いっそのこと削除しようかな?


  1. 文学賞に萌って一人で自宅にいると非常に寂しい
  2. サイドビジネス昼間、誰も話し相手になってくれない
  3. ダイエットを頑張ろうよだからと言って用事もない
  4. メタボリックシンドローム知人に電話するのも相手が困るだろう
  5. 記録-セルライト 太ももこの状態がいつまで続くのか?
  6. 洋楽-歌詞|翻訳のブログ版考えると同僚と言う存在がいかに大きかったか

ここに書かれている数字が重要

 ここに書かれている数字が重要でして、先ず最初の96ですが現在96人の方とリンクを張っているという意味でその次の(2)はリンクを申し込んでいるが相手が気づいていない時に表示される数値です。そしてその次に有る数字67ですが、これは現在67人の方にリンクを申し込む事が出来るという意味です。

 言い換えるとこれに登録してから検索エンジンからのアクセスが増えたのです。さて、この簡単相互リンクの使い方ですが、ポイントをお伝えしましょう。先ず互いにリンクできる数ですが、制限があります。管理するページの上から3行目に『現在96(2)サイト/67のホームページが……』という項目があります。

そして、20パーセントの残り

 そして、20パーセントの残りがあります。20パーセントの中の50パーセント(全体から言うなら、それは10パーセントである)のMSNの人の使用で、それはそれを感じます。ユーザが結局Googleのサーチエンジンのパワーを借りるので、残りの10パーセントは中で包含を言うことができるのが、もっとも、例えば、これらをGoogleで検索して、ニフティと、ライブドアと、BIGLOBEであるのなどということでしょう。

 一言で言えば、それは計算になります。50パーセントとして、ヤフー、Googleのような40パーセント、およびMSNのような10パーセントのようにサーチエンジンからアクセスを言いました。例えば、それを仮定しよう、それがあったかもしれませんが、毎日、あなたのブログにはサーチエンジンからの20人のアクセスがあった、見える、その唯一の10パーセント。月の間の600人は計算になります。年間7200年のあなたの人々ブログにアクセスしました。

ギフト